2級から受ける? 3級から受ける?

日商簿記2級の合格率

初学者は3級から勉強開始! 受検は2級から

日商簿記検定の2級と3級とでは、基本的な考えは同じですが要求されるレベルが違ってきます。3級の問題が小規模の個人商店レベルだと考えると、2級はより規模の大きな企業レベルになり、より実践に近づいてくるのです。

会計や税務のプロに言わせると、「日商簿記3級を持っている」というのは、「日本語の読み書きができる」ことと同レベル。持っていて当たり前、という程度の価値でしょうか。3級はごく初歩的なレベルなのです。
検定を受検するにはそれなりにお金がかかるわけですから、受検するなら2級から、というのが最も効率よい方法と思われます。

しかし、簿記にまったく触れたことの無い初学者の場合は少し話が違ってきます。
2級の受検を目指して2級のテキストから勉強に入ってしまうと、基礎的な力が無いまま実践力をつけようとしているのと同じで、たいていの人はまったく理解できないはずです。
3級を受検するかしないかは自由ですが、試験勉強だけは3級から始めて基礎的な考え方を徹底的に叩き込み、3級の問題集で演習を重ねてから、2級の学習に進むことをお勧めます。

どうしても自分の実力が知っておきたい、という方は、2級と3級なら日程の都合で同日に受検することも可能ですから(3級は午前、2級は午後に試験が行われる)、同時に2つの級を受検するといいでしょう。


>>短期&一発合格のための教材はこちら



このページのTOPへ  

Copyright © 2010 日商簿記検定 必勝ガイド. All Rights Reserved.