日商簿記の検定内容

日商簿記2級の合格率

試験内容を知って、対策を立てよう

簿記検定の中で最も知名度が高く、人気のある日商簿記について、試験内容を細かく見ていくことにしましょう。
日商簿記は1級から4級までありますが、4級はほとんど受検者がいなく、検定を行っていない商工会議所もありますので、今回は1級から3級までを解説します。

日商簿記の試験概要

●試験日程

2級と3級の検定は年に3回行われます。

※1級の検定は年に2回(6月・11月)のみです。

●級別の試験内容

・3級の試験内容
日商簿記3級の試験内容は『商業簿記』とされていて、基本となる商業簿記、記帳、決算の実務が問われます。具体的な出題内容は、仕訳問題、勘定記入、精算表など。試験時間は2時間、100点満点中70点以上で合格となります。

2級の試験内容
日商簿記2級の試験内容は『商業簿記と工業簿記』とされていて、商業高校レベルの商業簿記と工業簿記、初歩的な原価計算などが問われます。出題内容は、仕訳問題、伝票計算、標準原価計算など。試験時間は2時間で、2科目の満点は100点となっており、70点以上で合格となります。

1級の試験内容
日商簿記1級の試験内容は、『商業簿記・会計学』と『工業簿記・原価計算』とされていて、大学程度の商業簿記と会計学、工業簿記、原価計算がきちんと理解できているか、財務諸表規則、企業会計に関する法規を理解しているかを問われます。
試験時間は『商業簿記・会計学』が1時間30分、『工業簿記・原価計算』が1時間30分。各科目25点の配点で4科目を合計すると100点満点となります。合格ラインは70点以上とされていますが、1科目でも10点未満のものがあると不合格となります。


>>短期&一発合格のための教材はこちら



このページのTOPへ  

Copyright © 2010 日商簿記検定 必勝ガイド. All Rights Reserved.