日商簿記1級の合格率

日商簿記2級の合格率

平均合格率は10%前後! とても難しい試験です

日商簿記1級は、税理士や公認会計士などの国家試験の登竜門とされていて、合格すると、大学程度の商業簿記、工業簿記、原価計算と会計学を修得している証明となります。
受検者数はそれほど多くはありませんが、簿記検定の最高峰として、国家試験への足がかりとして人気の試験です。
それでは、日商簿記1級の受験者数、合格者数、合格率をまとめてみましょう。

日商簿記1級の合格率(平成19年~22年)

日程 申込者数 受験者数 合格者数 合格率
第137回
(H26.6.8)
11,095 8,738 847 9.7%
第135回
(H25.11.17)
14,330 11,037 1,153 10.4%
第134回
(H25.6.9)
16,782 13,146 1,690 12.9%
第132回
(H24.11.18)
16,782 13,146 1,690 12.9%
第131回
(H24.6.10)
14,837 11,960 1,455 12.2%
第129回
(H23.11.20)
19,078 14,731 1,919 13.0%
第128回
(H23.11.20)
16,635 13,160 1,365 10.4%
第126回
(H22.11.21)
22,008 17,027 2,258 13.3%
第125回
(H22.6.13)
19,436 15,367 1,338 8.7%

平成22年から26年までの受験者数や合格者数、合格率などを見てみると、各回の合格率にかなりの差があることが分かります。簿記検定の中では一番難易度が高い試験だけあって、合格率を平均すると10%前後となり、ほかの級に比べると低い結果となっています。
6月と11月の年に2回行われる試験のうち、平均合格率が高いのは6月試験で、ほかの2級や3級とは異なった傾向となっているようです。


>>短期&一発合格のための教材はこちら



このページのTOPへ  

Copyright © 2010 日商簿記検定 必勝ガイド. All Rights Reserved.