独学受検は危険!?

日商簿記2級の合格率

2級以上の独学は危険がいっぱい!!

簿記検定に挑戦する受検者の多くは、独学という方法を選択しているそうです。
独学は手軽で費用があまりかからない上に、自由な時間に自分のペースで学習ができるというところが魅力ですね。
確かに、日商簿記3級程度のレベルの試験であれば、書店やインターネットでテキストなどを数冊買って勉強すれば、1ヶ月もかからずに合格できてしまう人も多いはずです。
しかし、簿記検定の場合は3級から2級にレベルアップしたとたんに、難易度が急激に上がってしまうのが特徴。2級の試験範囲には、多くの受検者が苦戦する工業簿記も加わりますし、3級レベルの学習は余裕で理解できたのに、2級になったら付いていけずに挫折…ということも考えられるのです。

しかも、独学での受検には大きな壁が立ちはだかります。
分からない問題などがあるときに、すべてを自分の力だけで解決していかなければならないのです。当たり前のことですが、学習スケジュールも自分の判断で管理していかなければなりませんし、テキストや問題集も自力で買い集めることになります。
市販のテキストの多くは、大手予備校が受講生を集めるための宣伝の一環として作っているもので、それ1冊だけで検定に合格できるほどの知識を身に付けられるものではありません。傾向が偏っていたり、重要項目を絞りきれていないテキストや問題集が多いので、数冊買い集めて検討し、足りない部分があったらまた買い足す、という作業を行う必要があるのです。
さらに、商法や税法の改定などで会計基準が変わることもよくあるので、最新の法改正情報もチェックしておかなければなりません。
独学では、学習以外の部分でクリアしなければならない壁が多すぎて、なかなか学習に集中できないのが現状でしょう。ひとりですべてに立ち向かおうというのは、気楽なようですが常に不安に苛まれることを覚悟しておく必要があります。

そんな無駄な苦労をせずに試験に合格したいという人は(ほとんどの人がそうでしょうが…)、受検のプロである資格スクールや通信講座などを受講することをオススメします。


>>短期&一発合格のための教材はこちら



このページのTOPへ  

Copyright © 2010 日商簿記検定 必勝ガイド. All Rights Reserved.