合格体験記でモチベーションアップ!

日商簿記2級の合格率

合格者の声には、効率よく勉強する秘密がいっぱい

簿記検定に合格するためには、試験当日までいかにしてモチベーションを維持しながら勉強を続けられるかが重要なポイントです。

実際に検定に合格した方々が語る体験記には、モチベーションアップの秘訣や、効率よく学習するテクニックがたくさん詰まっています。
通信講座専門校「フォーサイト」のホームページから、簿記検定合格者の体験記を集めてみましたので、受検生活の参考になさってください。

23歳 女性 会社員
「勉強と仕事との両立のコツは、『無理をしない』ことです。仕事が忙しいときは少し休憩するなど、1日に使うエネルギーを同じにしていました。
それと、朝に勉強していたのがよかったのかな、と思います。夜は疲れていたり残業のためにできないこともありますが、朝は定時のため毎朝同じ時間勉強できますし、通勤時間などを有効に使えました」

25歳 女性 アルバイト
「ある程度勉強を進めると、勉強したくない日が出てくることも多くなり、最初は「やらないと…」という思いで進めていましたが、どうしても計算問題を間違えてしまうようになりました。間違えると、自分のモチベーションも下がるので、『気が進まないときは潔くやらない!』ということに決めました。次第に勉強する日が少なくはなってきましたが、『やろう!』と決めた日は徹底的に勉強しました」

27歳 男性 会社員
「勉強時間を捻出するには、とにかく残業せずに、日中に集中して仕事を終わらせることです。締め切りが先のものは明日に持ち越す覚悟を決め、帰宅することも大事です。どうしても残業が必要な場合は、残業DAYと割り切り、翌日を勉強DAYとして気持ちを切り替えます。
周りの視線が気になるようであれば、誰よりも早く出社し、先に帰って当たり前の空気を作ることも肝心です。そうすることで、以前より短い時間で同じクオリティの仕事ができるようにもなり、仕事面でもプラスの効果がありました」

28歳 男性 会社員
「主な勉強時間は、仕事帰りの電車の中での15分くらいと夜10時から11時の1時間だけでした、ただ1日の勉強時間が取れないときでも、毎日30分でも隙間の時間ができたら勉強できるように、テキストをいつもカバンの中に入れていました。フォーサイトのテキストのサイズは大きすぎないので、外での勉強でも便利でした」

29歳 女性 主婦
「6月の試験に向けて本格的に勉強を始めたのは3月でした。
子供が寝てからしか勉強できなかったので、1日最低1時間は勉強しようとがんばりました。理解できないところは、何度でも問題を解き、できるまでやりました。
ポイントは、必ず毎日簿記に触れることです。毎日勉強をしているうちに、必ず、楽しいと思うときが来ます。簿記は、努力次第で誰もが合格できる者だと思います」


>>短期&一発合格のための教材はこちら



このページのTOPへ  

Copyright © 2010 日商簿記検定 必勝ガイド. All Rights Reserved.